How to | リストを操作する方法

リストは,Mathematica の中で中心的な構築物であり,さまざまな種類のコレクション,配列,集合,数列を表すのに使用される.Mathematica に含まれる優に千を超える数の組込み関数は,直接リストに働きかけて,リストを相互運用性のための強力な手段にしている.

0から10の間の5個のランダムな整数のリスト(として保存する)を設定する:

In[45]:=
Click for copyable input
Out[45]=

Maxを使っての最大要素を得る:

In[46]:=
Click for copyable input
Out[46]=

0から10までの間のランダムな整数の4×3行列を設定する:

In[47]:=
Click for copyable input
Out[47]=

Mapを使って,トップレベルでの要素それぞれにMaxを適用させる:

In[48]:=
Click for copyable input
Out[48]=
    

同じ長さを持つ2つのリストを要素ごとに加算することができる:

In[49]:=
Click for copyable input
Out[49]=

スカラーをリストの各要素に対して加える:

In[50]:=
Click for copyable input
Out[50]=

リストの各要素にスカラーを掛ける:

In[51]:=
Click for copyable input
Out[51]=
    

5個の整数のリストを設定する:

In[52]:=
Click for copyable input
Out[52]=

要素をリストの最初に加える:

In[53]:=
Click for copyable input
Out[53]=

要素をリストの最後に加える:

In[54]:=
Click for copyable input
Out[54]=

要素をリストの3番目の位置に挿入する:

In[55]:=
Click for copyable input
Out[55]=

リストの3番目の位置にある要素を削除する:

In[56]:=
Click for copyable input
Out[56]=

リストの3番目の位置にある要素を新しい要素で置き換える:

In[57]:=
Click for copyable input
Out[57]=

の項目の間にインターリーブする:

In[58]:=
Click for copyable input
Out[58]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »