How to | グラフをプロットする方法

Mathematica では,数多くの方法を使って関数とデータをプロットすることができる.Mathematica は,サンプルレート,プロットの美的選択等のプロットに関する多くの詳細を自動化し,関心領域に焦点を当てることができるようにしている.このようなデフォルトのオプションは,ほとんどの場合に適切であるように注意深く選択されたものであるが,Mathematica ではプロットをニーズに合せてカスタマイズすることもできるようになっている.

Plotを使って関数をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ListPlotを使ってデータをプロットする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ListLinePlotを使って,データを線で繋いでプロットする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

Plot3Dを使って三次元で関数をプロットする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

プロットにオプションを加えてカスタマイズする:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

GraphPlotを使ってネットワークをプロットする:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »