How to | データを3Dでプロットする方法

Mathematica の統合された可視化機能は,データを3Dで表示するための数多くのツールを提供する.点,曲面,等高線を Mathematica の補間する力と組み合せてプロットする機能によって,正しく3Dで可視化された結果を得ることが可能である.またこれらの3Dプロットをカスタマイズしてインタラクトする方法も数多くあり,データをよりよく理解することができるようになっている.

まず3Dでプロットするデータを作成する.ExampleDataを使って2つ目のデータを得る:

In[1]:=
Click for copyable input

ListPointPlot3Dを使ってで与えられる3Dの点のリストをプロットする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ColorFunctionオプションをListPointPlot3Dと一緒に使って,予め定義された勾配でプロットを色付けする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ListPlot3Dを使ってから3D曲面プロットを生成する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

メッシュの特性を指定することは,これらのプロットをカスタマイズする1つの方法である.以下の例では,MeshMeshFunctionsMeshShadingMeshStyleListPlot3Dと一緒に使用する:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

ListSurfacePlot3Dを使ってそれぞれのデータ集合から3D曲面を生成する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

ListSurfacePlot3Dを使い,補間に使われる点の数とメッシュの大きさに制限を付けて,から3D曲面を構築する:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

ListSurfacePlot3Dで使用できる他のメッシュオプションを使う:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

メッシュオプションはListContourPlot3Dにも使える:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=
    

Mathematica ではベクトルデータを3Dでプロットすることもできる.

ListVectorPlot3Dを使ってベクトルデータを可視化する:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[13]=
    

3Dのプロットは,その他の Mathematica 関数ともうまく統合する.

ManipulateListSurfacePlot3Dと一緒に使って,メッシュの大きさと色を調節できるようなインタラクティブな3Dプロットを見る.また,他の3Dグラフィックスの場合と同様に,マウスを使ってこのプロットを回転・拡大縮小・パンさせることも可能である.結果を見るためには,以下の例を評価する必要がある:

In[10]:=
Click for copyable input
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »