How to | 式を精密・簡約化する方法

Mathematica は,広範に渡る数式をより理解しやすくする,あるいはより効率的に計算できるようにするために,簡約化するツールを提供する.

以下は,簡約された形の式,つまりの典型的な例であるが,変数と一緒に使うとそのままの状態で返される:

In[68]:=
Click for copyable input
Out[68]=

変数の代りに数字を使うと,これは予想通りに簡約される:

In[25]:=
Click for copyable input
Out[25]=

ElementおよびRealsを使ってまるでが実数であるかのようにこの式を簡約するために,Refineを使う:

In[74]:=
Click for copyable input
Out[74]=
    

Simplifyもここで使える.RefineSimplifyの主な違いは,Refineは仮定を持たなくてはならず,数値入力について自動であるような基本的な簡約しか行うことができないが,Simplifyはより広範な簡約を行うことができ,仮定なしでも使用することができるという点である.

Mathematica を自動的に簡約することはない:

In[28]:=
Click for copyable input
Out[28]=

Simplifyは以下のような見慣れた恒等式を返す:

In[59]:=
Click for copyable input
Out[59]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »