How to | Wolframの精選されたデータを使う方法

効率的なロードオンデマンドの構造によって,注意深く精選され,継続的に更新されている何百ギガバイトものデータを Mathematica 内で即座に計算に使用することができる.Wolfram Researchで精選されたこれらのデータには,理路整然とした分かりやすい形でアクセスしたり,処理したりできるようになっている.

AstronomicalDataを使って地球の画像をロードする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ProteinDataを使ってタンパク質の3D分子プロットを見る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

AstronomicalDataの個々のオブジェクト(つまり「実体」)のリストを得る.このリストは大変長いので,最初と最後の部分の非常に短いサンプルリストだけが返される:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

実体の数をチェックする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

最初の40個の実体を表示する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

を使って,AstronomicalDataで使用できる実体のクラスをチェックする.クラスはオブジェクトの型であることが分かる:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

クラスのひとつにがある.以下では我々の太陽系にある惑星のリストを示す:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

を使って任意のクラスや実体に関連するデータの型をチェックする:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

はデータの型の1つである.土星の質量を調べる:

In[10]:=
Click for copyable input
Out[10]=

土星の衛星を調べる:

In[11]:=
Click for copyable input
Out[11]=
    

GraphDataにおける実体の数を調べる:

In[12]:=
Click for copyable input
Out[12]=

GraphDataのクラスを表示する:

In[13]:=
Click for copyable input
Out[13]=

GraphDataの705番目の実体を表示する:

In[14]:=
Click for copyable input
Out[14]=

GraphDataのグラフの画像を示す.この場合は,を指定しなくてもデフォルトで画像が表示されている:

In[15]:=
Click for copyable input
Out[15]=

の特性を探る:

In[16]:=
Click for copyable input

上のグラフの最初の25個の特性を表示する:

In[17]:=
Click for copyable input
Out[17]=

の彩色数を示す:

In[18]:=
Click for copyable input
Out[18]=

が属するクラスを示す:

In[19]:=
Click for copyable input
Out[19]=
    

KnotDataで仲仕結びの結び目の特性を探る:

In[20]:=
Click for copyable input
Out[20]=

この結び目の画像を示す:

In[21]:=
Click for copyable input
Out[21]=

上の結び目のブレイドダイアグラムを示す:

In[22]:=
Click for copyable input
Out[22]=
    

ChemicalDataを使って化学物質の特性をチェックする:

In[23]:=
Click for copyable input
Out[23]=

上の化学物質のその他の標準名を示す:

In[24]:=
Click for copyable input
Out[24]=

化学物質の分子プロットを見る:

In[25]:=
Click for copyable input
Out[25]=

その構造図を表示する:

In[26]:=
Click for copyable input
Out[26]=
    

CountryDataを使ってある国に関する最初の25個のデータの型を調べる:

In[27]:=
Click for copyable input
In[28]:=
Click for copyable input
Out[28]=

米国の農産物を見る:

In[29]:=
Click for copyable input
Out[29]=
    

FinancialData を使って株式とその他の金融実体についての情報にアクセスする.

ユーロに対する米ドルの率を計算する:

In[30]:=
Click for copyable input
Out[30]=

ゼネラル・エレクトリックの株式の最新価格を求める:

In[31]:=
Click for copyable input
Out[31]=

2003年の最初の11ヶ月におけるゼネラル・エレクトリックの出来高をプロットする:

In[32]:=
Click for copyable input
Out[32]=
    

精選されたデータは他の Mathematica 関数にもうまく組み入れることができる.

化学元素に関する異なる特性に同時にアクセスする:

In[33]:=
Click for copyable input
Out[33]=

このデータを表にし,リストの先頭に追加することによって行と列の見出しを付け加える:

In[34]:=
Click for copyable input
Out[34]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »