How to | 論理演算子を使う方法

Mathematica はプログラミングだけでなく数学操作でも論理演算子をサポートしている.

二項演算子である「」および「」は結合(And)および分離(Or)を意味する.一方「」は前置演算子で否定(Not)を意味する.次の2つの入力は等しい:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
In[49]:=
Click for copyable input
Out[49]=

TrueおよびFalseの代りに記号が使える.BooleanConvertは論理式の多くを記号的に評価することができる. であることが想定される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Resolveを使って量化論理文の真の値を求める:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

存在記号を使って,であることを検証することもできる:

In[18]:=
Click for copyable input
Out[18]=

Mathematica は論理演算子であるImpliesも認識し,これは を示す場合に使える:

In[48]:=
Click for copyable input
Out[48]=
    

SatisfiableQを使っておよび を満足するかどうかをチェックする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »