How to | 純関数を使う方法

自分の関数を定義して使用することができるという機能は,Mathematica を強力なプログラムにしている要素の一部である.行いたい操作が小さいものでもそのそれぞれに対して関数を明示的に名付けなくてはいけないのは不便であることが多い.Mathematica を使うと関数をインラインで宣言する(純関数と呼ばれる)ことによって,これを回避することができる.

純関数を定義するもっとも分かりやすい方法はFunctionを使う方法である.第1引数は引数のリスト,第2引数は関数である.この関数はその2つの引数を一緒に加える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数に名前を付けなくてもそれを使うことができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

よくある簡単な表記法では「」を使って純関数の終点を示す.引数の位置は「」,「」の順に指定される:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

純関数を使う利点は,別の定義あるいは名前を必要としないということである:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

純関数に引数が1つしかない場合には,「」の代りに「」を使えばよい.この関数はその引数を平方する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=
    

純関数はMapと一緒に使われると非常に強力なものとなる.

以下は,複素数のリストを順序対のリストにする:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

順序対を複素数に戻す:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=

」をMapの簡略表記として使うことができる.純関数を使ってクリックすることができるボタンのリストを作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »