$AssertFunction

$AssertFunction
アサーションが失敗した場合に適用する関数を指定する.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

アサーションが失敗する場合は$AssertFunctionに割当てを行って動作を変えることができる.この関数はアサーションが失敗した場合に例外を投げる:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input

以下ではアサーション関数が投げた例外がキャッチされている:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
In[4]:=
Click for copyable input
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »