$BaseDirectory

$BaseDirectory
Mathematica がロードするシステム全体のファイルが入っているベースディレクトリを与える.

詳細詳細

  • $BaseDirectoryはディレクトリの完全名を文字列として返す.
  • 典型的な値:
  • C:\ProgramData\MathematicaWindows
    /Library/MathematicaMacintosh
    /usr/share/MathematicaUnix
  • $BaseDirectoryの値は,Mathematica カーネルが起動される際のオペレーティングシステムの環境変数の設定で指定できる.この変数はカーネル内からは再設定できない.
  • $BaseDirectoryの典型的なサブディレクトリ:
  • ApplicationsMathematica アプリケーションパッケージ
    Autoload起動時に自動的にロードされるパッケージ
    FrontEndフロントエンド初期化ファイル
    Kernelカーネル初期化ファイル
    Licensingライセンス管理のファイル
    SystemFiles一般的なシステムファイル
  • サブディレクトリは,それが可能であれば Mathematica が最初に起動された際に自動的に作成される.
  • $Pathには適切なサブディレクトリが自動的に含まれる.
  • $BaseDirectoryのサブディレクトリは$Path中で$UserBaseDirectoryの対応するサブディレクトリの後に与えられる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

システム全体のファイルが置かれているベースディレクトリ:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

$BaseDirectoryのサブディレクトリとファイル:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »