$BatchOutput

$BatchOutput
現行のセッションの出力がバッチモードで送られ,他のプログラムが読み込むのに適しているときにTrueとなる.

詳細詳細

  • $BatchOutputの初期値は,一般的には Mathematica セッションが始められた時点でコマンドラインオプションにより決定される.
  • $BatchOutputMathematica のセッション中に再設定することができる.
  • $BatchOutputTrueに設定されている場合,Mathematica は,すべての出力をPageWidthオプションを,実質的にInfinityに設定し,InOutラベルを与えず,起動時にバナー(旗上げ)を与えることなくInputFormで作成する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

インタラクティブなセッションでは,$BatchOutputFalseである:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

スタンドアロンのカーネルを実行する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ファイルのコンテンツを示す.これは$BatchOutputの値を持つ:

ファイルを削除する:

In[4]:=
Click for copyable input
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »