$CompilationTarget

$CompilationTarget
CompileのオプションCompilationTargetのデフォルト値を与える.

詳細詳細

  • $CompilationTargetの可能な設定値はCompilationTargetのものと同じである.
  • $CompilationTargetのデフォルト設定はである.
  • $CompilationTarget = は,Mathematica のコンパイラが従来の Mathematica 仮想マシンのためのコードを生成すべきであることを示している.
  • $CompilationTarget = は,Mathematica のコンパイラがCコードを作成し,これを外部マシンのコードライブラリにコンパイルし,これを Mathematica にリンクバックすべきであることを示している.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

$CompilationTargetに設定し,CompileからCコードを生成することができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

次は,Cコードを使ってコンパイルする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 8 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »