$ContextPath

$ContextPath
大域変数で,すでに入力されているシンボルの検索のために$Context以降のコンテキストのリストを与える.

詳細詳細

  • それぞれのコンテキストはの形式の列で指定される.
  • $ContextPathの要素は特定のシンボルを含むコンテキストの検索のためにテストされる.
  • $ContextPathは,BeginPackageEndPackageによって変更される.
  • $ContextPathは,多くのオペレーティングシステムのファイルの「検索パス」と対応する Mathematica のシンボルである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

シンボルを検索するデフォルトのコンテキスト:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

指定した名前のシンボルがこれらの中に見付からない場合は,このシンボルが新たに作られる:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

これは$Contextで与えられるコンテキストに作られる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

新たなシンボル作成に関するメッセージをオフにする:

In[5]:=
Click for copyable input
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »