$Display

$Display
デフォルトの$DisplayFunctionで使用するファイルやパイプのリストを与える.

詳細詳細

  • $Displayの初期設定はである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

$Displayのデフォルトファイル:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフィックスをラスタライズしたものをエキスポートする新たな$DisplayFunctionを定義する:

In[2]:=
Click for copyable input
In[3]:=
Click for copyable input

これで,各グラフィックスがラスターとしても保存されるようになった:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

ラスター画像をインポートする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

$DisplayFunctionを設定し直す:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »