$MessageList

$MessageList
現行の入力行の評価中に作成されたメッセージの名前のリストを与える大域変数である.

詳細詳細

  • メッセージが出力されると,この名前はHoldFormで囲まれて$MessageListに追加される.
  • 標準的な Mathematica のメインループでは,$MessageListが特定の入力行の処理が完了するとに再設定される.
  • 計算中に$MessageListを再設定することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

計算で出されたメッセージのリストを得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

処理のためのメッセージを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Quietの中で$MessageListを使うと出力が抑制できる:

In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »