$PrePrint

$PrePrint
値が設定されている場合には,出力される前にすべての式に適用される値を持つ大域変数である.

詳細詳細

  • $PrePrintOut[n]が割り当てられた後で,結果が出力される前に適用される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

デフォルトで$PrePrintは定義されていない.つまり,出力は評価から送られた形で示される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

厳密な数量を数値で示す:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

関数は任意精度数が出力に含まれる場合はこれを保つように設計されている:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

$PrePrintの値をデフォルト値に戻す:

In[5]:=
Click for copyable input

$PrePrintを変えてもOutに保存されている値は変らない点に注意:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »