$RecursionLimit

$RecursionLimit
Mathematica が使用できる再帰のレベル数の現行の限界を与える.

詳細詳細

  • $RecursionLimit=n は,Mathematica が使用できる再帰のレベル数が n になるように制限する.
  • $RecursionLimit=Infinityは再帰のレベル数のあらゆる制限を解除する.
  • $RecursionLimitは,Stack[]が返すスタックの最大長を与える.
  • 関数の評価が,この関数,または他の関数のネストした評価を要求するたびに1つの再帰レベルが使用される.
  • ほとんどのコンピュータでは,再帰の各レベルは一定のスタック空間を費やす.$RecursionLimitは,Mathematica の内部から Mathematica が使用するスタック空間の大きさを制御することを可能にする.コンピュータシステムの中には,そのコンピュータシステムに許されている以上のスタック空間を使用することを認めると,Mathematica セッション全体がクラッシュしてしまうものもある.
  • MemoryInUseやこれに関連した関数は,スタック空間を数えない.
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »