$TemporaryDirectory

$TemporaryDirectory
使用中のコンピュータの一時ファイルの主システムディレクトリを与える.

詳細詳細

  • $TemporaryDirectoryは,OpenWriteCreateDirectoryその他の関連関数で明示的なファイルが指定されない場合に,ファイルが作成されるディレクトリを与える.
  • Unixベースのシステムでは,$TemporaryDirectoryのデフォルト設定は一般にである.
  • Mathematica$TemporaryDirectory中に作ったファイルを自動的に削除することはないが,オペレーティングシステムが行うことはあるかもしれない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

一時ディレクトリのパスを示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

一時ディレクトリに書き込むためにストリームを開く:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input

ストリームを閉じる:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

結果のファイルを出力する:

バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »