AbsoluteThickness

AbsoluteThickness[d]
グラフィックス指示子で,この指示子に続く線を絶対的な太さで描くよう指定する.

詳細詳細

  • 絶対的な太さは印刷用ポイント数を単位にして指定される.1ポイントは,拡大前でインチに相当する.
  • AbsoluteThicknessは,2Dおよび3Dのグラフィックス,それにStyle指定に使うことができる.
  • d には,TinySmallMediumLargeの記号形式を使うことができる.
  • 最初のデフォルト値はAbsoluteThickness[0.5]である.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

線の太さを印刷用ポイント数を単位として指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ThickThinを使って定義済みの絶対的な太さを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

定義済みの絶対的な太さの記号としての値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 2 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »