Animate

Animate[expr, {u, umin, umax}]
uから まで連続的に変化する expr のアニメーションを生成する.

Animate[expr, {u, umin, umax, du}]
u をステップ du で変化させる.

Animate[expr, {u, {u1, u2, ...}}]
u が離散的な値 , , ... を取るようにする.

Animate[expr, {u, ...}, {v, ...}, ...]
すべての変数 u, v, ... を変化させる.

詳細とオプション詳細とオプション

  • expr はどのような式でもよく,グラフィックスである必要はない.
  • Animateは,必要とする u の特定のリテラル値についてのみ expr を評価する.
  • Animate[expr, {{u, u0}, umin, umax}]は,u の初期値を とする.
  • が有限のとき,uDefaultDurationの設定値で与えられた時間の間アニメーションが継続するようにする割合で変化する.
  • Animate[expr, {u, umin, Infinity}]は,の値が1秒間に1単位の割合で永遠に増加し続ける無限のアニメーションを作成する.
  • Animate[expr, {u, -Infinity, Infinity}]は,アニメーションが逆方向に実行されている場合に が永遠に減り続けるようにする.
  • AnimateAnimatorオブジェクトを含むManipulateオブジェクト生成する.
  • Animate[expr, {{u, u0, ulbl}, ...}, ...]u アニメータ等のラベルとして使う.
  • AnimateにはManipulateのオプションに以下の追加・変更を加えたものが使える.
  • AnimationDirectionForwardアニメーションの方向
    AnimationRateAutomatic変数を変化させる割合
    AnimationRepetitionsInfinity停止までに何回実行するか
    AnimationRunningTrueアニメーションが実行中かどうか
    AppearanceElementsNone含める制御要素
    BaseStyle{}アニメータのベーススタイル指定
    DefaultDuration5.デフォルトの継続時間(秒)
    DeinitializationNoneAnimateからの出力が削除された場合に評価する式
    DisplayAllStepsFalseあらゆる離散的なステップを強制的に表示するかどうか
    Exclusions{}除外すべき値を指定する
    InitializationNone出力が最初に生成されたときに評価する式
    LabelStyle{}ラベルエリアのスタイル指定
    RefreshRateAutomatic1秒間に更新するデフォルト回数
    ShrinkingDelayAutomatic表示オブジェクトが小さくなる場合に,縮めるまでの遅延時間
  • du のデフォルト値は,RefreshRateオプションの設定値で決まり,より大きい場合はこの値が負になる.
  • duとして与えられると,これはRefreshRateの設定で決められる最小の正または負の値であると解釈される.
  • AnimationRateに明示的な設定が施されている場合,この設定はDefaultDurationの設定に優先する.
  • デフォルトで,の要素が含まれる.これらの要素は,AppearanceElementsの設定値として,与えられるリストで任意の順に指定することができる.
  • BaseStyleLabelStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルとスタイルで与えられるデフォルトスタイルに付加される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

の値を継続的に変化させてアニメーションにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

離散的ステップでを変化させてアニメーションにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2つのパラメータを連続的に変化させることでアニメーションにする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »