AppearanceElements

AppearanceElements
Manipulateのような関数のオプションで,生成されたオブジェクトの表示形にどのような要素が含まれるべきかを指定する.

詳細詳細

  • AppearanceElements->{"elem1", "elem2", ...}は,要素が与えられた順序で含まれるように指定する.
  • 異なるタイプのオブジェクトは異なる可能な外見要素をサポートする.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »