ArrayQ

ArrayQ[expr]
が完全配列あるいはSparseArrayオブジェクトのときはTrueを,それ以外のときはFalseを与える.

ArrayQ[expr, patt]
がパターンと一致する深さを持つ完全配列であることを要求する.

ArrayQ[expr, patt, test]
の各配列要素に適用した際にTrueが返されることを要求する.

詳細詳細

  • 完全配列では特定レベルのすべての部分が同じ長さのリストでなければならない.
  • ArrayQ[expr, 1|2]がベクトルであるか行列であるかを調べる.
  • ArrayQ[expr, _, NumberQ]がすべてのレベルで数値配列であるかどうかを調べる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

数のベクトルは完全配列である:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

1つの要素がそれ自体でリストであるベクトルは完全配列ではない:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ネストしたリストの不規則な集合は完全配列ではない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 5 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »