AtomQ

AtomQ[expr]
expr がこれ以上分割不可能であるときにTrueを,その他の場合にFalseを返す.

詳細詳細

  • 再帰的な手続きの中で,式に対応するツリー構造の最下層に到達したかどうかを判定するためにAtomQが利用できる.
  • AtomQは,記号や数,列,疎な配列のような生のオブジェクト等にはTrueを返す.
  • AtomQは,オブジェクトの部分にMapのような関数でアクセスできない場合にTrueを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

式が再分割できるかどうかテストする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これは原子ではないので,一部分を抽出することができる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

これは原子である数である:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 5 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »