AutoDelete

この関数は Mathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

AutoDelete
ボックスオブジェクトのオプションで,ボックスの内容が変更されたときにそのボックスを自動的に削除するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • 設定がAutoDelete->TrueのときはInterpretationBox等のボックスが変更されるとボックスは削除される.
  • 設定がAutoDelete->Falseのときは,ErrorBox等のボックスの内容が変更されるてもボックスはその場に残る.削除は手動で行わなければならない.
バージョン 3.0 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »