AutoIndent

AutoIndent
StyleおよびCellのオプションとして使われ,改行により設けられる新たな行の先頭位置でどのような自動インデントを行うかを指定する.

詳細詳細

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

AutoIndent->Trueでセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

行のはじめにいくつかのスペースを入力する:

DynamicBox[ToBoxes[If[$OperatingSystem === MacOSX, Return, Enter], StandardForm], ImageSizeCache -> {34., {0., 9.}}]キーを押すと,Mathematica は同じインデントを次の行に挿入する:

AutoIndent->Automaticでセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

セル内でDynamicBox[ToBoxes[If[$OperatingSystem === MacOSX, Return, Enter], StandardForm], ImageSizeCache -> {39., {0., 9.}}]を押すたびに,Mathematica は式の構造によってインデントする:

さらにセルを編集すると,構造的なインデントは適切に移動する:

バージョン 3 の新機能 | バージョン 4 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »