AutoSpacing

AutoSpacing
StyleおよびCellのオプションとして使われ,入力された文字の間隔を自動調整するかどうかを指定する.

詳細詳細

  • AutoSpacing->Falseは文字間隔をすべて同じにする.
  • AutoSpacing->Trueは,優先順位の低い演算子や作用素に補助的な余白を入れる.
  • AutoSpacing->Falseの指定は,文字列やコメント文中で自動的に使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

演算数間と演算子間のスペースを自動調整するセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

自動の間隔調整はしないセルを作る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »