MATHEMATICA 組込みシンボル

AutoloadPath

この関数は Mathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

AutoloadPath
Mathematica の起動時にどのディレクトリのパッケージが自動的にロードされるかを指定するグローバルオプションである.

詳細詳細

  • AutoloadPathの中のそれぞれのディレクトリについて,フロントエンドがと呼ばれるサブディレクトリを検索し,そのディレクトリの中のinit.mと呼ばれるファイルを見付け出す.見付け出したすべてのinit.mファイルの内容を実行する.
  • ディレクトリは関数によって検索される.AutoloadPath(自動ロードパス)に含まれる一般的なディレクトリにはFrontEnd`FileName[{$UserBaseDirectory, "Autoload"}]FrontEnd`FileName[{$InstallationDirectory, "Autoload"}]がある.
バージョン 4.0 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »