AxesEdge

AxesEdge
3Dグラフィックス関数のオプションとして使われ,境界ボックスのどの辺に座標軸を描くかを指定する.

詳細詳細

  • AxesEdge->{{diry, dirz}, {dirx, dirz}, {dirx, diry}}は,境界ボックスの3辺のどの辺に座標軸を描くかを指定する.は,もしくはでなければならず,座標軸を描く境界ボックスの辺を相対的な i の大小の値で指定する.
  • デフォルト設定AxesEdge->Automaticは,自動的に視覚の手前にある辺に座標軸を描くように指定する.
  • AxesEdgeの設定において,任意のペアは,対応する座標軸の位置を自動選択するようにAutomaticにすることができる.
  • 任意のペアNoneにできる.その場合,対応する軸は描かれない.
  • どの辺に座標軸を描くかを指定すると,その辺が視点から隠れていても指定された辺に描かれることになる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

自動的に境界ボックスの辺を選んで座標軸を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

座標軸を選択的に描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

座標軸をどの辺にするか明示的に指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 2 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »