AxesOrigin

AxesOrigin
グラフィックス関数のオプションであり,座標軸の交差する位置を指定する.

詳細詳細

  • 2Dグラフィックスでは,AxesOrigin->{x, y}は,座標軸が点において交差するように指定する.
  • 3Dグラフィックスでは,AxesOrigin->{x, y, z}は座標軸が点で交差するように指定する.
  • 2Dグラフィックスでは,AxesOrigin->Automaticは,内部のアルゴリズムを使って座標軸の交差する位置を定める.点がプロット領域の中か近くにある場合は,これが座標軸の原点として選択される.
  • 等高線プロットや密度プロットでは,AxesOrigin->Automaticによって,座標軸をプロット領域の外に置く.
  • 3Dグラフィックスでは,AxesOrigin->Automaticは軸を外側のボックスに置く.
バージョン 2 の新機能 | バージョン 7 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »