BSplineCurve

BSplineCurve[{pt1, pt2, ...}]
制御点 を持つ,一様ではない有理Bスプライン曲線を表すグラフィックスプリミティブである.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BSplineCurveGraphicsおよびGraphics3D(2Dおよび3Dのグラフィックス)に用いることができる.
  • 制御点の位置はまたはのような一般座標,あるいはScaled[{x, y}]またはScaled[{x, y, z}]のようなスケールされた座標で指定できる.
  • 2Dでは,座標指定にOffsetおよびImageScaledを用いることができる.
  • 使用可能なオプション:
  • SplineDegreeAutomatic多項式基底の次数
    SplineKnotsAutomaticスプラインの節点系列
    SplineWeightsAutomatic制御点の重みの制御
    SplineClosedFalse曲線を閉じるかどうか
  • デフォルトで,BSplineCurveは三次スプラインを使う.
  • オプション設定のSplineDegree->d はもとになっている多項式基底が最大次数 d を持つように指定する.
  • デフォルトで,結び目はパラメータ空間で一様に選ばれ,曲線が最初の制御点で始まり最後の制御点で終るように追加的な結び目が加えられる.
  • SplineKnotsの明示的な設定で,多項式基底の次数は指定された結び目と制御点の数から決定される.
  • デフォルト設定のSplineWeights->Automaticでは,すべての制御点が多項式Bスプライン曲線に対応する等しい重みを持つように選ばれる.
  • 曲線の太さはThickおよびThinに加えThicknessあるいはAbsoluteThicknessでも指定できる.
  • 曲線の破線は DashedDotted等に加えDashingあるいはAbsoluteDashingでも指定できる.
  • 曲線の陰影あるいは彩色はCMYKColorGrayLevelHueOpacityあるいはRGBColorで指定できる.
  • BSplineCurveの個々の座標および座標のリストはDynamicオブジェクトのことがある.
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »