BSplineSurface

BSplineSurface[array]
の制御点の配列で定義される,一様ではない有理Bスプライン曲面を表すグラフィックスプリミティブである.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BSplineSurfaceGraphics3D (3Dグラフィックス)に用いることができる.
  • 制御点の位置はのような一般座標,あるいはScaled[{x, y, z}]のようなスケールされた座標で指定できる.
  • 使用可能なオプション:
  • SplineDegreeAutomatic多項式基底の次数
    SplineKnotsAutomatic各次元の節点系列
    SplineWeightsAutomatic制御点の重み
    SplineClosedFalse曲面を閉じるかどうか
  • デフォルトで,BSplineSurfaceは次数に当たる双三次スプラインを用いる.
  • オプションSplineDegree->d は各方向に最大次数 d を指定する.SplineDegree->{d1, d2}は曲面上の2つの方向に異なる最大次数を指定する.
  • デフォルトで,結び目は一様になり曲面が配列の端で制御点に達するように選ばれる.
  • SplineKnots->{list1, list2}は制御点の配列の行と列に使う節点系列を指定する.
  • SplineKnotsの明示的な設定で,多項式基底の次数は指定された結び目と制御点の数で決定される.
  • SplineWeightsは自動的に多項式Bスプライン曲面に対応する1になるように選ばれる.
  • FaceFormおよびEdgeFormを使ってBSplineSurface オブジェクトの内側と境界をどのように描画するかを指定することができる.
  • GrayLevelRGBColorOpacity等のグラフィックス指示子を使ってBSplineSurfaceオブジェクトをどのように描画するかを指定することができる.
  • SpecularityおよびOpacityのグラフィックス指示子を使って曲面の材料特性を指定することができる.
  • FaceForm[front, back]を使って曲面の表と裏に異なる特性を指定することができる.
  • BSplineSurfaceの個々の座標および座標のリストはDynamicオブジェクトのことがある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

制御点配列のためのBスプライン曲面:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

制御点をBスプライン曲面とともに示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »