Background

Background
背景の彩色を指定するオプションである.

詳細詳細

  • Backgroundの設定には,任意の色あるいは不透明度指定が使える.
  • Backgroundは,GraphicsPlotTextPaneButtonCell等の関数のオプションとして使われる.
  • 一般にオブジェクトにBackground->color のオプションがあると,オブジェクトによって定義された領域全般で指定された色が背景色として使われる.
  • Style[expr, Background->color]は,の境界ボックスで定義された領域でのみ が背景色として使われるように指定する.
  • Gridのような構文では,Itemを使って,特定の項目について背景が範囲全体を埋めるように指定することができる.
  • セルの中では,背景はセル枠の内部領域に対してのみ使われる.
  • Background->Noneは,背景を使わないように指定するので,実質的に背景は透過的になる.
  • Background->Automaticは,使用されている特定のオブジェクトあるいはウィンドウについてのシステムの外観に従う背景を使うように指定する.Insetの場合,Background->Automaticは,それが使われているグラフィックスの背景を使うように指定する.
  • GridColumnRowのようなオブジェクトでは,Backgroundの設定は個々の列,行,要素等の背景を指定したリストでもよい.
バージョン 2 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »