BezierCurve

BezierCurve[{pt1, pt2, ...}]
制御点 を持つベジエ(Bézier)曲線を表すグラフィックスプリミティブを与える.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BezierCurveGraphicsおよびGraphics3D(二次および三次のグラフィックス)に用いることができる.
  • 制御点の位置はまたはのような一般座標,あるいはScaled[{x, y}]またはScaled[{x, y, z}]のようなスケールされた座標で指定できる.
  • 2Dでは,座標指定にOffsetおよびImageScaledを用いることができる.
  • BezierCurveはデフォルトで合成三次ベジエ曲線を表す.
  • SplineDegree->d は,もとになっている多項式の基底が最高で次数 d を持つように指定する.
  • SplineDegree->d では,d+1個の制御点を持つBezierCurveは単純な次数 d のベジエ曲線を生成する.これより制御点の数が少なくなると,より低次の曲線が生成される.これより制御点が多いと,合成ベジエ曲線が生成される. »
  • 曲線の太さはThickおよびThinに加えThicknessあるいはAbsoluteThicknessでも指定できる. »
  • 曲線の破線は DashedDotted等に加えDashingあるいはAbsoluteDashingでも指定できる. »
  • 曲線の陰影あるいは彩色はCMYKColorGrayLevelHueOpacityあるいはRGBColorで指定できる. »
  • BezierCurveにおける個々の座標および座標のリストはDynamicオブジェクトのことがある.
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »