BezierFunction

BezierFunction[{pt1, pt2, ...}]
制御点 で定義される曲線のベジエ(Bézier)関数を表す.

BezierFunction[array]
曲面またはより高次の多様体のベジエ関数を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • BezierFunction[...][u]はパラメータ u に対応するベジエ曲線上の点を返す.
  • BezierFunction[...][u, v, ...]はパラメータ u, v, ... に対応する一般的なベジエ多様体上の点を返す.
  • BezierFunction[{pt1, pt2, ...}]で表される曲線の埋込み次元はリスト の長さによって与えられる.
  • BezierFunction[array]は任意次元の多様体を表す任意の深さの配列を扱うことができる.
  • BezierFunction[array]で表される多様体の次元はArrayDepth[array]-1で与えられる.array の最低レベルにあるリストの長さが埋込み次元を決定する.
  • パラメータ u, v, ... はデフォルトで,曲線あるいはその他の多様体の領域上で0から1の範囲に納まる.
  • 使用可能なオプション:
  • SplineDegreeAutomatic多項式の次数

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

制御点のリストを使ってベジエ曲線を構築する:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数を適用して曲線上の点を求める:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ベジエ曲線を制御点とともにプロットする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

単一の三次ベジエ曲面パッチ:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »