Block

Block[{x, y, ...}, expr]
シンボル x, y, ... の局所値を使って式 を評価するように指定する.

Block[{x=x0, ...}, expr]
x, ... に局所的な初期値を定義する.

詳細詳細

  • Blockは,変数の値を一時的に変更することができる環境の設定を可能にする.
  • ブロックを実行すると,x, y, ... に割り当てられた値はクリアされる.ブロックの実行が終ると,これらの記号のもとの値が復帰される.
  • Blockは,シンボルの値(values)にだけ影響を与え,これらの名前に影響することはない.
  • x, y, ... の初期値が評価された後に,x, y, ... がクリアされる.
  • Block[{vars}, body/;cond]を条件付きの変換規則の右辺として使用することができる.
  • Blockは属性HoldAllを持つ.
  • Blockは,変数にダイナミックスコープを利用する.
  • DoSumそしてTable等の反復構成において,Blockは自動的に反復子の値を局所的なものにするのに使用される.
バージョン 1 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »