BottomHatTransform

BottomHatTransform[image, ker]
構造化要素 ker についてのモルフォロジー的な image のボトムハット(bottom-hat)変換を行う.

BottomHatTransform[image, r]
範囲が r の正方形についてのボトムハット変換を行う

BottomHatTransform[data, ...]
ボトムハット変換をデータ配列に適用する.

詳細詳細

  • BottomHatTransformはバイナリ画像,グレースケールの画像,その他の画像に使用することができる.
  • BottomHatTransformは2Dおよび3Dの画像,また任意階数のデータ配列に使うことができる.
  • 構造化要素 kerを含む配列である.
  • BottomHatTransformは奇数次元になるように自動的に構造化要素を充填する.
  • BottomHatTransform[image, r]BottomHatTransform[image, BoxMatrix[r]]に等しい.
  • 複数の画像チャンネルが存在する場合,BottomHatTransformはそれぞれに別々に作用する.
  • BottomHatTransformは集よりもチャンネル値が小さい構造化要素よりも小さい範囲を保存する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

ボトムハット変換を使ってチータの黒い斑点をハイライトする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カラー写真に適用されたボトムハット変換:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カラー画像から小さな暗い部分を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

円板状の構造化要素を使って指定サイズよりも小さい座金を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ボトムハット変換は事実上高周波数領域を逆転させる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »