MATHEMATICA 組込みシンボル

BoxBaselineShift

この関数は Mathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

BoxBaselineShift
AdjustmentBoxのオプションで,近隣する文字からボックスのベースラインをどれほど移動するかを指定する.

詳細詳細

  • 選択の位置はAdjustmentBoxを使い調整できる.AdjustmentBoxオブジェクトはAlt+LeftArrowAlt+RightArrowAlt+UpArrowAlt+DownArrow (Windows,Unix) ,Ctrl+LeftArrowCtrl+RightArrowCtrl+UpArrowCtrl+DownArrow (Macintosh)で挿入,調整することができる.これらのキーは選択を使用中のスクリーンで1画素移動する.
  • BoxBaselineShift->k と設定した場合,調整ボックスのベースラインは x の高さの k 倍,垂直に移動される.
  • デフォルトの設定は BoxBaselineShift->0である.
  • 選択されたAdjustmentBoxオブジェクトでは BoxBaselineShiftAdjustmentBoxのオプションとして設定され,この選択範囲のみで有効である.
  • セルレベルでは BoxBaselineShiftオプションのサブオプションとして設定される.セルの任意のAdjustmentBoxBoxBaselineShiftのデフォルトを指定する.
バージョン 4.0 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »