BoxMargins

この関数は Mathematica システムに完全に統合されていません.変更される可能性があります.

BoxMargins
AdjustmentBox のオプションで,調整ボックスの余白を指定する

詳細詳細

  • BoxMargins->{{left, right}, {bottom, top}}は選択したものの周囲に加えるスペースの量を指定する.正の数は選択したものの周囲のスペースを増やし,負の数は減少させる.水平方向の余白はem単位であり,垂直方向は x の高さである.
  • デフォルト設定はBoxMargins->{{0, 0}, {0, 0}}である.
  • AdjustmentBox(調整ボックス)を設定することにより,文字の回りのスペースを微調整することが可能である.
バージョン 3.0 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »