BubbleScale

BubbleScale
BubbleChartおよび関連関数のオプションで,各バブルのスケールが各データ要素からどのように決定されるべきかを指定する.

詳細詳細

  • BubbleScaleで使用可能な設定値:
  • "Diameter"データ値で決定されるバブルの直径
    "Area"データ値で決定されるバブルの面積
    "Volume"データ値で決定されるバブルの体積
  • 一般的な形のバブルの場合,大きさは境界ボックスの対角で測られる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

バブルのスケールとして直径か面積のどちらかを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

バブルのスケールとして直径か体積のどちらかを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »