Button

Button[label, action]
というラベルが付いていて,クリックされたときは常に を評価するボタンを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • は動的なものも含めた任意の式でよい. »
  • Buttonはデフォルトでは スタイルで表示する.一般にこれにはシステムのボタンフォントが使われる.
  • Button[label, action]は,を未評価の形で持っており,ボタンがクリックされるたびにこれを評価する.
  • 以下のオプションが指定できる.
  • AlignmentAutomaticボタン内のコンテンツの並べ方
    AppearanceAutomaticボタンの全体的な外見
    AutoActionFalseマウスが上に置かれたときに自動的にボタンをクリックするかどうか
    BackgroundAutomaticボタンの背景色
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストと相対的な並べ方
    BaseStyle"GenericButton"ボタンのベーススタイル指定
    ContentPaddingTrue余白をコンテンツの周囲ぎりぎりまで縮めるかどうか
    EnabledAutomaticボタンを有効にするか,灰色(無効)にするか
    EvaluatorAutomaticexpr を評価するカーネル
    FrameMarginsAutomatic枠内に残す最低限の余白
    ImageMargins0表示されたボタンの画像周囲の余白
    ImageSizeFull表示されたボタンの全体的な大きさ
    Method"Preemptive"使用する評価法
  • デフォルト設定のImageSize->Fullのとき,ボタンの大きさはボタンを含むGridあるいは関連構造の領域を満たすようになる.
  • ImageSize->Automaticとすると,ボタンはコンテンツに適した大きさになり,ボタンを含む領域を満たすようにはならない.
  • ImageSizeの設定値TinySmallMediumLargeで,システム標準の最低サイズを持ったボタンを指定する.
  • Appearanceオプションが取り得る可能な設定値には,一般に等がある.等がサポートされることもある.
  • Appearance->"Pressed"は,押された状態のボタンを与える.Appearance->{type, "Pressed"}は,押された状態の,特定の型のボタンを与える.
  • Appearance->Noneのとき,は,ボタンに置かれることなく,文字通り表示される. »
  • Methodオプションの可能な設定値には,一般に等がある.
  • デフォルト設定のMethod->"Preemptive"では,ボタンのアクションはその他の評価に先立って即時に行われる.しかし,動作終了までに限られた時間しか与えられない.
  • Method->"Queued"と設定すると,ボタンのアクションは現行の評価キューに追加され,他の評価が終了してから行われる.この場合は時間制限は適用されない.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルに加えられる.
  • Button[label]は,というラベルの付いたボタンとして表示されるが,アクションは行わない.
  • グラフィックスオブジェクト内でButton[prims, action]を使い,グラフィックスプリミティブ prims がクリックされるたびに action を評価するように指定することができる. »
  • Button[label, None, BaseStyle->stylename]はスタイルシートの stylename の定義からボタン機能を継承する.一般にそのようなスタイルでは label 中で\[SelectionPlaceholder]を使って現在選択されているテキストを表すことができる.
  • スタイル名の中にはButton機能を与えるデフォルトスタイルシートで定義されているものもある.
  • "Paste"事実上ボタンラベルを適用されるデータとして使って現行選択範囲にNotebookApplyを適用する
    "Evaluate"現行選択範囲にNotebookApplySelectionEvaluateを順に適用する
    "EvaluateCell"現行選択範囲にNotebookApplyを適用し,次に選択範囲を含むセル全体を評価する
    "CopyEvaluate"に等しいが,現行選択セルの変更はせず,新規セルに結果をペーストする
    "CopyEvaluateCell"に等しいが,現行選択セルの変更はせず,新たにコピーした入力セルに変更を加える
バージョン 6 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »