Catch

Catch[expr]
の評価において発生したThrowの第1引数を返す.

Catch[expr, form]
formtag に照合させる最初のThrow[value, tag]の呼出しにおける value を返す.

Catch[expr, form, f]
を返す.

詳細詳細

  • 評価中にThrowが発生しない場合,Catch[expr, ...]は,expr の値を返す.
  • form にはどんな式でも指定可能であるが,よく使われるのはパターンである.
  • Throw[value, tag]では,form との比較が行われるたびに tag の評価が行われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

Throwが評価され次第囲み込んでいるCatchに退避する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

「例外処理を実行する」ことができる関数を定義する:

In[1]:=
Click for copyable input

Catchの結果はThrowが投げた(実行した)ものである:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Throwを使って基準が満たされた場合にループから退避する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 1 の新機能 | バージョン 3 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »