CellDingbat

CellDingbat
Cellのオプションとして使われ,セルの見出し記号を指定する

詳細詳細

  • CellDingbat->Noneとすると,見出し記号は表示されない.
  • 見出し記号は,セルにある文章や式の第1行の先頭左側に表示される.
  • 見出し記号は,セル枠の外に置かれる.
  • CellDingbatの設定値は任意の文字列やCell式でよい.よく使われる見出し記号に"\[FilledSquare]"がある.
  • CellDingbatの設定は,普通個々のセルに対してでなくセルスタイルの定義の一部として行われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

小さな円の見出し記号を持つセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

セルに枠がある場合,見出し記号は枠の外側になる:

In[1]:=
Click for copyable input

見出し記号には任意の文字数が使える:

In[1]:=
Click for copyable input
バージョン 3 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »