CellEditDuplicate

CellEditDuplicate
Cellのオプションとして使われ,フロントエンドでセルの編集を開始する際に,自動的にセルの複製を作るかどうかを指定する.

詳細詳細

  • CellEditDuplicateはデフォルトで,Mathematica 出力として生成されるセルではFalseに設定されている.
  • CellEditDuplicate->Trueが有効なとき,新規にセルが生成されると,このセルのスタイルとしてノートブックのDefaultDuplicateCellStyleの設定値が使われる.
  • CellEditDuplicateの設定は,普通個々のセルに対してでなくセルスタイルの設定で使用される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

編集すると自動的にコピーされる出力セルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

挿入点をセルのコンテンツの最後尾にする:

セルに何か書き込むと,Mathematica は新たにコピーする:

編集すると自動的に入力セルにスタイルを変える出力セルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

挿入点をセルのコンテンツの最後尾にする:

何か書き込むと,Mathematica はそのセルを入力セルに変換する:

バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »