CellLabelAutoDelete

CellLabelAutoDelete
Cellのオプションとして使われ,そのセルの内容が変更されたとき,またはそのセルを含むノートブックがファイルに保存されるときにラベルの自動削除を行うか行わないかを指定する.

詳細詳細

  • カーネルとの入出力に使うセルスタイルは,通常,CellLabelAutoDelete->Trueの設定になっている.
  • CellLabelAutoDeleteは,多くの場合,個々のセルよりもセルのスタイル定義に対して使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (1)例 (1)

CellLabelAutoDelete->Trueの設定でノートブックを作る:

入力が評価されると,入出力セルにセルラベルが付けられる:

先に評価した入力セルを編集すると,セルラベルが除去される:

ノートブックを保存すると,セルラベルは自動的に削除される:

In[3]:=
Click for copyable input
In[4]:=
Click for copyable input

ノートブックを再び開くとセルラベルがなくなっている:

バージョン 3 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »