CellPrint

CellPrint[expr]
現行ノートブックの評価中の入力セルの直後に,完全なセルとして expr を挿入する.

CellPrint[{expr1, expr2, ...}]
一連のセルを挿入する.

詳細詳細

  • expr の頭部がTextCellExpressionCellCellGroupのいずれかの場合,expr は変更されずにノートブックに挿入される. »
  • が文字列あるいはTextオブジェクトの場合,これを入れるためのテキストセルが作られる. »
  • expr が上記以外の型の式の場合,これを入れるための式のセルが作られる. »
  • テキスト型フロントエンドでCellPrint[cell]を使う場合,その作用は,Printをセル の内容に適用したときに得られる作用と同じである.
  • CellPrintで生成されたセルは,デフォルトでGeneratedCell->Trueの設定を持つので,再生成された際には上書きされる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

TextCellオブジェクトからテキストセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input

一連のテキストセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input

文字列からテキストセルを作る:

In[1]:=
Click for copyable input
a
バージョン 3 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »