ChartLegends

ChartLegends
グラフ関数のオプションで,グラフ要素にどのような凡例を使うべきか指定する.

詳細詳細

  • ChartLegends->{leg1, leg2, ...} を各データ集合の i 番目の要素の凡例ラベルとして使う.
  • には任意の文字列,グラフィックス,その他の静的または動的な式が使える.
  • 指定された任意の凡例ラベルはグラフの一部として表示されている凡例に集められる.
  • 説明文(凡例)の全体的な形状や外観はLegendAppearanceの設定値で指定される.
  • Noneは凡例ラベルは使わないことを示す.指定された よりも多くの要素がデータ集合内にある場合,後続する Noneであるとみなされる.
  • データ集合内でLegendedを使って明示的な凡例付けが指定されている場合,その指定はChartLegendsを使って指定された凡例に加えられる.
  • 凡例の位置その他の効果はPlacedを使って指定できる.
  • ChartLegends->Placed[{leg1, leg2, ...}, pos] を含む凡例を pos で指定された位置に置く.
  • ChartLegends->{spec1, spec2, ...}は連続する を使ってデータ集合のネストしたリストにおける連続した次元の凡例ラベルを指定する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (3)例 (3)

グラフのスタイルに基づいて凡例を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データ集合の凡例を生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

使用されなかった凡例ラベルは除去される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »