ChartStyle

ChartStyle
グラフ関数のオプションで,グラフ要素を描画するスタイルを指定する.

詳細詳細

  • ChartStyle->g はグラフィックス指示子 g がすべてのグラフ要素の描画に使われるように指定する.
  • ChartStyle->{g1, g2, ...}は連続する指示子 が各データ集合の連続する要素に循環的に使われるように指定する.
  • ChartStyle->{spec1, spec2, ...}は,データ集合のネストしたリストにおける連続する次元のスタイルに寄与するように連続的な を使う.
  • ChartStyle->{spec1, spec2, ...}という形式では,データ集合のネストしたリスト内の i, j, ... 要素は,次にという具合に適用することで与えられるスタイルを持つ.
  • Noneである はスタイル指示子に影響しない.
  • という指定は事実上{None, ..., None, {g1, g2, ...}}に等しい.
  • ChartStyleで使用できる指示子:
  • Dashing[{w1,...}]破線指定
    Directive[g1,g2,...]グラフィックス指示子の合成
    EdgeForm[g]辺描画の指定
    FaceForm[g]面描画の指定
    Glow[c]色の光沢
    GrayLevel[i]強度
    Hue[h]色調
    Opacity[a]不透明度
    PointSize[d]点の大きさ
    Red, Blue, etc.名前付きの色
    RGBColor[r,g,b]RGBカラー
    Specularity[s]曲面の鏡面性
    Thickness[w]線の太さ
  • ChartStyle->schemeColorData[scheme, ...]からスタイルを生成する.
  • 整数 i について,ChartStyle->i は事実上ChartStyle->ColorData[i, "ColorList"]に等しい.
  • ChartStyle->"name"は事実上ChartStyleが必要とするスタイルのリストが等間隔の x のところでColorData["name"][x]からサンプルを取ることで与えられると解釈する.
  • Style[data, s]は個々のデータ点あるいはデータ集合と関連するグラフ要素のスタイルに使うことができる.このような指定はChartStyleからの指定の後で使用することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

リストにスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ColorDataから「勾配」色を使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

ColorDataから「指標付き」の色を使う:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

データの各列にスタイルを付ける:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

データの各行にスタイルを付ける:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

データの行と列の両方にスタイルを付ける:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
バージョン 7 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »