ClickPane

ClickPane[image, func]
image として表示され,ペインの中をクリックするごとに 座標に func を適用するクリック可能なペインを表す.

ClickPane[image, {{xmin, ymin}, {xmax, ymax}}, func]
使用する座標の範囲を表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • クリック可能なペインの中の画像は,グラフィックスでも任意の式でもよい.
  • Graphicsオブジェクト g について,ClickPane[g, func]はデフォルトで,func に与えられるグラフィックスの座標の範囲が g 中のPlotRangeに対応するグラフィックス座標の範囲を取るものとする.
  • 一般的な式の場合,ClickPane[expr, func]は各方向に0から1までの座標範囲を取るものとする.
バージョン 6 の新機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »