ColorConvert

ColorConvert[expr, colspace]
expr における色指定を colspace で表される色空間を参照するように変換する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • exprRGBColor[...]Redのような色指定,Imageオブジェクト,カラーチャンネル値の明示的なリストである.
  • ColorConvert[list, ...]はデフォルトで list を次のように解釈する.
  • {v}グレーレベル
    {v,a}グレーレベルおよび パラメータ
    {r,g,b}赤,緑,青のレベル
    {r,g,b,a} パラメータを伴うRGB
  • ColorConvertがサポートする色空間:
  • "Grayscale"グレーレベル
    "RGB"赤,緑,青
    "CMYK"シアン,マジェンタ,黄,黒
    "HSB"色相,彩度,明度
    "XYZ"CIE XYZ
    "LAB"CIE Lab
    "LUV"CIE Luv
    ColorProfileData[...][i]指定の描画明度 i を使ったカラープロファイル
  • 色空間および色空間の輝度値は,通常,0から100までの範囲である.これらの色空間に変換する場合は,Lチャンネルの値が0から1までになるようにすべてのチャンネルの値を100で割る.この2つのカラーチャンネルは0未満あるいは1を超える値を持つことが可能である.
  • 任意のCIE色空間に変換すると,ColorConvertは実数型の画像を返す.
  • オプション設定ColorSpace->src では,ColorConvert[list, ...]list 中のチャンネル値を色空間 src に従って解釈する.
  • ColorConvert[input, src->dst]を使って,入力中のチャンネル値を色空間 src に従って解釈しながら,dst で指定された色空間に変換することができる.srcdst はどちらも既知の色空間あるいはカラープロファイルであってよい.
  • ColorConvert[image, colspace]ColorConvert[image, ImageColorSpace[image]->colspace]と等価である.
  • src で指定された色空間は,image 中のチャンネル数と互換である.
  • dst がカラープロファイルの場合,デバイス空間あるいは接続空間の1つは入力の色空間あるいは指定されたソースの色空間 src にマッチしなければならない.
  • ColorConvertImage3Dオブジェクトにも使うことができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

カラー写真をグレースケールに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

CMYKに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

これは,直前の出力がCMYK画像であることを示している:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

RGBカラーオブジェクトをCMYKに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

明度の値をRGBに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RGBカラーオブジェクトをHSBに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 7 の新機能 | バージョン 9 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »