ColorData

ColorData["scheme"]
パラメータ値に適用されたときに指定された色スキームで色を生成する関数を返す.

ColorData["scheme", "property"]
色スキームの指定の特性を返す.

ColorData["collection"]
名前付きの集合中の色スキームのリストを返す.

ColorData[]
色スキーム中の名前付き集合のリストを返す.

詳細詳細

  • ColorData["scheme"][par]またはColorData["scheme", par]は,指定されたスキームのパラメータ値 par に対応するRGBColorオブジェクトを返す.
  • 典型的なスキームの集合:
  • "Gradients"連続的な正規化された色勾配
    "Indexed"連続した整数で指標が付けられた色
    "Named"名前付きの色の集合
    "Physical"物理的なパラメータで決定された色
  • デフォルトで,色勾配は0から1までの範囲の1つのパラメータを持つ.
  • ColorData[{"gradient", "Reverse"}]は0から1までの範囲の色の順位が逆になった色勾配を与える.
  • ColorData[{"gradient", {min, max}}]min から max までの範囲の色勾配を与える.
  • ColorData[n, ...]n 番目の指標が付いた色パレットを使う.
  • ColorData["scheme", "property"]の可能な特性:
  • "ColorFunction"パラメータに適用される色関数
    "ColorList"有限の指標付きの色スキームのための色リスト
    "ColorRules"離散的な色のスキームのための色規則
    "Image"そのスキームでの色を示している画像
    "Name"色スキームの英語名
    "Panel"当該スキームによる色を表すクリック可能なパネル
    "ParameterCount"スキームで使われているパラメータ数
    "Range"第1パラメータの可能な値の範囲
    {"Range",i} 番目のパラメータの可能な値の範囲
  • 範囲はスライダーでのように指定される:
  • {xmin,xmax} から までの連続した値
    {xmin,xmax,dx}刻み幅 dx の離散的な値
    {{x1,x2,...}}特定の離散的な値
  • ColorData["scheme"]ColorDataFunctionオブジェクトを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (5)例 (5)

色を生成する関数を返す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

色勾配を使って曲面をプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

色勾配の順序を逆にする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

プロットスタイルに指標付きの色スキームを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

等高線の陰影付けに指標付きの色スキームを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 6 の新機能 | バージョン 8 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »