ColorFunctionScaling

ColorFunctionScaling
色関数に渡される引数が0と1の範囲に置かれるようにスケールするか否かを指定する各種のグラフィックス関数のオプションである.

詳細詳細

  • 一般的なデフォルト設定はColorFunctionScaling->Trueである.
  • ColorFunctionScaling->Falseで,もとのスケールされていない値が色関数に渡される.
  • ColorFunctionScaling->{s1, s2, ...}は色関数の引数 i をスケールするかどうかを指定する を取る.
  • スケールは,最低値と最高値が0から1の間になるように行われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

例 (2)例 (2)

ColorFunctionのパラメータは通常0から1の間に収まるようにスケールされている:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

スケールされていない座標を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
バージョン 4 の新機能 | バージョン 6 での修正機能
New to Mathematica? Find your learning path »
Have a question? Ask support »